耐震診断・耐震補強の基礎知識

 
 【 安心は耐震診断から 】

 日本は世界で最も地震の起きやすい地域のひとつであり、常に危険に
 さらされています。
 使用している建物の耐震性を知り、性能を向上させておくことが必要です。
 現行の建築基準法に規定される耐震性能を有さない既存建築物に対しては、
 耐震診断・改修の促進が急がれています。



 【 大きな被害を受ける恐れがあるチェックポイント 】

  ●屋根
   重い瓦で葺いてある。



  

   ●上下階のバランス
   1階に車庫やピロティーがある。



  

   ●老朽化
   家屋の材料の劣化やシロアリの被害が心配。





  ●壁
   壁量のバランスが悪い、筋違が少ない。




  ●基礎
   地盤が悪い、基礎が弱い。






 【 耐震診断、耐震工事 】

  @始めに耐震診断を!!
   図面をもとに筋違の位置や劣化状況等を現場調査にて確認。
   調査結果を踏まえ現状を把握し、書面にて報告します。
   (精密診断の場合)






  A耐震設計
   調査結果をもとに補強設計を行う。
   リフォーム計画やご予算なども考慮して補強計画を作成します。




  B設計をもとに工事着手
   補強には様々な方法があります。
   木造を熟知した信頼のおける業者を選び、工事にのぞむことが
   肝心です。

  

   ※ 基礎の補強


   ※ 耐力壁、筋違の補強


 ※ 様々な補強金物
 ※ 筋違があっても壁にはせず、明るく広々とした空間を造る


 
   ※ 耐震補強の設計図や工事写真をお渡ししています。



ページのトップへ戻る