ブロック塀は安全ですか?

 
 2018年6月18日に発生した大阪府北部地震では
 震度6弱を記録。小学校でブロック塀が倒壊し、
 通学中の女児が亡くなりました。
 熊本地震でも倒壊したブロック塀の下敷きになり
 男性が亡くなっており、被害者が後を絶ちません。
 避難や救助、消火活動の障害になる事もあります。
 
 このような事がもう2度と起こらない様、
 ブロック塀の危険性を認識し、
 撤去等の方法を早急に行う必要があります


 
【 安全なブロック塀の10か条 】 (以下千葉市HPより抜粋)

 
@ ブロック塀はなるべく低いものにしましょう。
   
高すぎると倒れやすくなります。のぞましい高さは2.0m以下です。

 
A 道路に面するブロック塀は厚さを12cm以上にしましょう。
  
 道路に面したところは人通りが多いので一層注意が必要です。

 
B ブロック塀は長さ3.4m以下ごとに控壁を設けましょう。
   
控壁がないと不安定で倒れやすくなります。また、控壁は塀の本体と
   
離れないよう鉄筋とモルタルで十分緊結させましょう。

 C ブロック塀は建物から50cm以上離しましょう。

   
建物に近接させると控壁もできません。また基礎の幅も十分とれません。
 
 
D ブロック塀に直接鉄筋フェンス等を取り付けないようにしましょう。
   
ブロック内の鉄筋の力を弱め、くずれやすくなります。フェンス等の
   
取付には、それなりの対策が必要です。

 E ブロック塀は石積みなどの土留擁壁の上には造らないようにしましょう。

   
倒れやすく危険です。やむを得ない場合は十分地面に埋め込んだ基礎を
  
 別につくる必要があります。

 
F ブロック塀には、必ず十分な鉄筋を入れましょう。
  
 鉄筋が入っていない塀はくずれやすくなりますし、また、入っていても
  
 お互いの鉄筋が緊結されていないとせっかくの鉄筋も効果がありません。
 
 
G 鉄筋の入ったブロックの空洞部には、モルタルを十分つめましょう。
   モルタルが十分につめられていないと、鉄筋の効果がなくなります。

 H 地盤は、砕石などを入れ、十分に突き固めましょう。
   地盤がしっかりしていないとブロック塀は倒れやすくなります。


 
I ブロック塀の基礎は、十分に大きく深いものにしましょう。
   基礎が小さかったり、地中への埋め込みが浅いと、ブロック塀は倒れ
   やすくなります。地盤やブロック塀の高さに応じて十分なものにし

   
できるだけ逆T字型の基礎にします。

     

    

【皆さんの協力でブロック塀などの倒壊の危険をなくしましょう】

 @ ブロック塀などをつくる場合には信用できる業者に頼むことが大切です。
   しかし、業者にまかせっぱなしにしないで工事業者が基準どおり正しく
   工事をしているかどうかを自分又は建築士の助けをかりて、チェックする
   ようにしましょう。

 A すでにあるブロック塀などでも正しく工事がされていないと思われるもの
   や、老朽化しているものについては早めに専門家の点検を受け、取り壊す
   か、必要な場合には補強しておくことが必要です。参考としてすでにある
   ブロック塀の点検の方法を示しておきます。なるべく危険な塀はとり壊し
   安全にしておきましょう。



 【 すでにあるブロック塀の点検の方法 】

 ・外観による点検
 @ 高すぎないか
 A 控壁があるか(3.4mごとに必要です)
 B 基礎はあるか、また、地中に埋め込んだ深さは十分か
 C 擁壁や石積みの上に乗せていないか
 D 老朽化し亀裂が生じたり、傾いたりしていないか

 ・内部の点検
 E 最上段のコンクリートブロックを取りはずし、鉄筋の有無、
   モルタルの状態などを調べる
 F 80cm間隔で縦筋が入るべき部分の最下段のコンクリート
   ブロックを取りはずし基礎から鉄筋が入っているか調べる
 G 基礎への縦筋が定着されているかどうか、基礎の一部を
   はつって調べる

  

  






ページのトップへ戻る